オープンな子供部屋

滋賀の注文住宅は、子供部屋に特化しているのが特徴で、個室を設けるのは簡単なことですが、幼いうちは家族と一緒に過ごすプラスαの場として、オープンにする家族が少なくありません。子供部屋に可変性を持たせるアイテムを採用できるのも注文住宅だからできることです。例えば、開けると繋がる引き戸ですが、オープンであることが前提ではありますが、自然に家族のいる場所と繋がるので、目配りも容易になります。また、間仕切りになる可動収納です。半個室化する間仕切りとして使えるように、ハウスメーカーが考える造付けではなく、可動できる置き家具は注文住宅づくりを得意とする工務店が造作してくれます。

ローンを考える

滋賀で注文住宅を建てるにしても、肝心なのは予算で、住宅ローンを組むことが大半で、滋賀の銀行などに相談するでしょう。注文住宅はこだわればそれだけ予算オーバーになりがち、今後の家計収支で考えてみましょう。マンションではなく、住宅を建てるのであれば、子どもや扶養する予定の家族がいないワケではないでしょう。将来、共働きを辞める予定なのか、共働きになる予定なのか、ここを基準におきましょう。今後、家計の余裕分が減るか、増えるかといったことにより、間取りに変化も生じます。ただの四角い箱であるのが、子どものためのアスレチックや遊具などを室内に配すこともあるでしょう。

融資の問題

滋賀の注文住宅は建売住宅と異なり、融資の問題があります。将来、奥さんの仕事量を減らしたい、共働きだが子どもができたら産休・育休、時短勤務となることが理由の1つです。注文住宅にするか、建売住宅にするか、賃貸にするか、その選び方がポイントになります。基準は数年後(概ね5年以内)の収支の見込みです。投資資金や保険金、相続など大きな一時金収入が見込まれたり、子どもが独立したり、扶養家族が減る予定であれば、注文住宅よりも建売、賃貸が合っているでしょう。家族が少なくなることで広さが得られるものの、空室となる部屋は使い用途もありませんから、この場合には融資額を減らすことのできる建売、賃貸を選びましょう。

広告募集中